【2020年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しランキング形式でご紹介します!

勤怠管理でよくあるトラブルは?勤怠管理システム導入で対策できる

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/06/25

勤怠管理には、何かとトラブルが付き物。特に勤怠管理の業務を初めて行う場合、トラブルは間違いなく起こると考えるものでしょう。勤怠管理でありがちなトラブル事例をあらかじめ知り、適切な対応ができるよう、万全の体制を取っておきましょう。

勤怠管理上起こるトラブルとは?

勤怠管理には本来、コスト管理や業務の効率化を図るといった目的のもと、行われています。しかし、そんな業務上の対策として勤怠管理が行われているはずなのに、その勤務管理自体がトラブルの温床となっています。

たとえば、従業員の給与は、通常の勤務時間以外にも、出勤日数や有給、残業時間といったことも含めて計算されます。その情報の記録や管理が行き届いていないと、会社や従業員どちらにも不利益が発生することになります。

勤怠管理によくあるトラブルの代表が、シフト管理が複雑になることでしょう。勤怠管理をすることで、仕事を適切に振り分けられる反面、その過程で、シフト管理がどんどん複雑化してしまうケースが非常によくあります。また、勤怠管理を急遽取り入れることで、それまでのシフト管理とはまったく内容が異なるため、従業員が慣れるまでミスを犯しやすいというケースもでてきます。

勤怠管理は残業時間削減の効果を狙えるため、経営者にとってのメリットは大きいようにも思えますが、従業員にとってはメリットばかりではありません。また、残業時間がカットされることにより、全体的な勤務時間が減り、業務が滞る可能性も示唆されるでしょう。

タイムカードは減少傾向

経理に携わることのない従業員にとって、タイムカードの利用には特に不便を覚えることはないかもしれません。しかし、そんなタイムカードを利用する企業は、どんどん減少傾向にあるのをご存じでしょうか。

それは第一に、「集計に手間と時間がかかる」「多様な働き方に対応できない」といった、管理側にとってのデメリットが大きく関係しています。管理側とって、タイムカードには労力や工数の負担が大きく、改定労基法に対応しきれないというリスクがあるからにほかなりません。

■タイムカードはデータ集計に手間と時間を要する
タイムカードの問題点は、タイムカードの出退勤記録を、1枚1枚エクセルに移行することで、初めて管理できるデータとして成立します。このデータの移行にかける手間と時間は、非常に悩ましい課題でありました。この作業は基本、手入力となるので、ヒューマンエラーリスクがあり、正確性に事欠きます。

■多様化する働き方に対応しきれない
タイムカードは、単純に出勤と退勤のみというプロセスであれば、手間やミスは起きにくいでしょう。しかし近年は、働き方も多様化し、フレックスタイムやテレワーク、といった複数の勤務体系で運営する企業も当たり前のようになりつつあります。

従業員によって勤務時間やスタイルが違えば、各々の事情も汲みながら、従来の管理方法で勤怠データを集計していくのは、あまりに労力がかかりすぎてしまうでしょう。

勤怠管理システムの導入で解決できる

勤怠管理システムを導入することで、PCや携帯端末などから、スムーズに打刻できます。朝は特に忙しいため、その日のタスクのことでほかに気が回らなくなってしまい、打刻をし忘れてしまう従業員は後を絶ちません。PCや携帯端末に対応した勤怠管理システムなら、1クリック/タップでかんたんに打刻することが可能になるのでスムーズな一日の始まりになるでしょう。

■出退勤の記録を紙に残さず済む
近年の勤怠管理は、システムベースのデジタル化が進んでいますが、たとえば、クラウド型の勤怠管理システムでは、ネットワーク上で出退勤を記録することが可能です。端末を用いてシステムにアクセスし、打刻することによって、記録されます。ICカードでも専用のカードリーダー端末にタッチするだけで打刻できるのでかんたんですし、いずれにしてもタイムカードのコストがかからず保管場所も減るでしょう。

■GPS機能付きの勤怠管理システム
また、GPS機能によって打刻できる勤怠管理システムもあり、会社以外で仕事をする場合に役立つでしょう。これは、携帯端末からGPS機能を使って、打刻と並行して従業員の位置情報が送信され、打刻時間と場所の両方が把握できる機能です。勤怠管理システムが自動で記録するので、打刻漏れがそもそも起こらない仕様と言えるでしょう。

まとめ

勤怠管理の方法はさまざまですが、現代において効率的に記録・管理できるのは、働き方改革にもフレキシブルに対応できる勤怠管理システムと言えるでしょう。ただし、ただシステムを導入すればいいというわけではなく、自社の課題も汲んだうえで、適したサービスを選ばなければなりません。

システムや打刻方法などから、自社に順応しそうなものを選び、滞りない業務を実現させましょう。

勤怠管理システム比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名勤労の獅子
(エス・エー・エス株式会社)
ジョブカン勤怠管理king of time
(キングオブタイム)
jinjer勤怠
(ジンジャー)
AKASHI
(アカシ)
おすすめポイント専属SEによる手厚いサポート
が受けられるので、導入から
運用まで心強い!
使いやすさにこだわりあり!
不動の人気を誇る人気の
勤怠管理システム
打刻方法が豊富で、サポート
・セキュリティが強固だから
安心できる
複数のシステムが一つに!
低コストでスッキリ
まとまって楽チン!
シンプル設計なのに機能が
豊富だからどんな企業も
使いやすい
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧