【2021年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しご紹介します!

【勤怠管理の基礎知識】勤務間インターバル制度とは?

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/03


勤務間インターバル制度という言葉を知っていますか?勤務間インターバル制度は、働き方改革関連法に基づき改正されて定められた制度ですこの記事では勤怠管理の基礎知識となる勤務間インターバル制度について詳しく解説をしていきます。労働者が健康的に働くためには非常に重要なので、ぜひ最後まで読んで理解を深めてください。

勤務間インターバル制度とは

勤務間インターバル制度とは、労働者の就業時間から、次の始業時間までの間に一定時間の休息を設定する制度のことを言います。労働者が充分な生活時間・睡眠時間の確保し、バランスを保ちながら働き続けることを可能にする制度です。健康的で人間らしい生活をおくるためにも非常に重要です。

残業で遅くなった場合は、翌日の嗣業時間を遅らせるなどができます。厚生労働省の資料によると、勤務間インターバル制度を設けた会社の労働者の睡眠時間多くなっている結果が出ています。睡眠時間が長くなるにつれて睡眠質も向上していることがあきらかとなったのです。睡眠時間が短くなると体調管理が難しくなり、健康障害のリスクが高まります。

医学的にも証明されています。長時間労働は心疾患の発症リスク、精神疾患の発症のリスク、メンタルを悪化させるなどの調査が報告されています。勤務間インターバル制度は、過重労働による健康障害の防止対策として、労働者の睡眠時間の確保をして「過労死」を防止するための制度です。

勤務間インターバルの時間

勤務間インターバルの時間というのは、決まっていません。その背景としては、まだまだ日本では勤務間インターバル制度の普及率は低いからです。勤務間インターバルという制度を普及させて、広く認識されることが重要です。結果的に労働者の健康確保や長時間労働の防止につながります。とはいえ今の日本では、一律何時間と決めるのはまだまだ早いのです。

■勤務間インターバル制度に違反した場合は?

勤務間インターバル制度に違反した場合でも、有給義務化とは違って事業主が罰せられることはありません。労働者が休息を確保するのは事業主の「努力義務」とされているだけなのです。国は勤務間インターバル時間の目安は、9〜11時間を基礎とした設定を推奨しています。休息時間が翌日の所定労働時間と重複する場合は、始業時間を繰り下げる、重複する時間を働いたものとみなすことで調整します。

■勤務間インターバルのメリット

勤務間インターバル制度を設けるメリットは多いです。現在は少子高齢化により人材不足が深刻化しています。しかし勤務間インターバル制度を設けて、仕事がしやすい環境をととのえると働きたい人が集まってくる可能性が高くなるからです。また睡眠時間やプライベートの時間をしっかりと確保することによって労働者の健康を確保できますし、プライベートが充実することで、仕事への意欲が高まり結果的に生産性も上がります。勤務間インターバル制度が普及すれば社会全体が良い方向に向かうはずです。

勤務間インターバルは日本ではまだ一般的でない

勤務間インターバル制度は日本ではまだまだ一般的ではありません。しかしヨーロッパでは古くから導入されていて、終業から始業まで11時間を開けることがEUでの決まりになっています。(ドイツでは連続11時間の休息時間を取る規定が制定しています)ヨーロッパでは古くから導入されているのに対し、日本では認知度は低く、努力義務のみで罰則もありません。

日本では、「過労死」という言葉が世界に通じるほどの長時間労働大国です。勤務間インターバルを広く普及させ労働者の健康確保や長時間労働の削減につなげていきたいところです。そのためには、より多くの事業者に「勤務間インターバル」の導入をしてもらう必要があります。

 

勤務間インターバルとは「働き方改革関連法」に基づき「労働時間等設定改善法」が改正されて導入された制度です。しかし有給義務化とは違い、規定を破っても罰則はありません。事業主の努力義務として規定されています。終業時間から、次の始業時間までの間に一定時間以上の休息を設ける制度で、従業員の生活時間や睡眠時間を確保するのが主な目的です。

勤務間インターバル制度はまだまだ日本での普及率は低いですが、企業側にも勤務間インターバルを普及させるメリットは大きいです。労働者の生活時間や睡眠の質が向上すればプライベートが充実するので、仕事への意欲も高まります。結果的に生産性が向上して、会社での功績がよくなります。労働者側から見ても、会社側から見ても勤務間インターバル制度を普及させるメリットは大きいです。

ヨーロッパでは古くから導入されて、EUでは終業から始業まで最低11時間の休息時間を設けることが義務です。我が国日本でもこのように義務化され、勤務間インターバル制度が広く普及すれば「過労死」などの過重労働がなくなります。仕事環境の改善が多くの働き手を集めて、日本経済の発展に貢献してくれるといいですね。

勤怠管理システム比較

商品画像
商品名ジョブカン勤怠管理king of time
(キングオブタイム)
jinjer勤怠
(ジンジャー)
AKASHI
(アカシ)
おすすめポイント使いやすさにこだわりあり!
不動の人気を誇る人気の
勤怠管理システム
打刻方法が豊富で、サポート
・セキュリティが強固だから
安心できる
複数のシステムが一つに!
低コストでスッキリ
まとまって楽チン!
シンプル設計なのに機能が
豊富だからどんな企業も
使いやすい
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧