【2020年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しランキング形式でご紹介します!

導入前に確認!安心できる勤怠管理システムのセキュリティ対策とは?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/06/26

勤怠管理を勤怠管理システムに頼ることで、業務の効率化が図れます。さらに勤怠管理システムは、外部からの不正アクセスといったセキュリティ対策ありきで提供されているため導入することで、自社のデータをより安全に守ることができるでしょう。ここでは、勤怠管理システムを導入する前に、把握しておきたいセキュリティ対策について解説します。

セキュリティ対策が甘いことで起こるトラブル

勤怠管理システムを導入するにあたって、どの程度のセキュリティ対策が執られているかのチェックは重要です。最低限、以下のトラブルが起きないようなシステムを導入しましょう。

不正アクセス
ウィルス・マルウェア
サーバー不備によるデータ破損
従業員のデータ持ち出し

上記のトラブルで生じるリスクとは一体何なのでしょうか。まず、不正アクセスが起きることで、情報漏えいやデータの改ざんといったトラブルが生じ、企業の信用を失墜させる事態に発展してしまいます。

そしてウィルス感染や、トロイの木馬のような悪意のあるソフトウェアが入り込むことで、システムが正常に機能しなくなり、それは勤怠管理システムも同様です。復旧するまでの間、勤怠表は手書きやエクセルなどで対処することになり、一気に勤怠管理の負担がのしかかってしまうでしょう。

また、サーバーのセキュリティが甘いと、そのサーバーに保管しているデータが破損してしまう恐れがあるため、バックアップも併せて取っていかなければいけません。ほかにも、悪意の有無に関わらず、従業員がデータを持ち出す危険性があると、第三者による不正アクセスのリスクが生じてしまいます。

個人情報取り扱いの体制

勤怠管理システムを提供している運営会社が、どのような体制で個人情報を取り扱っているかも注目しておきましょう。たとえば、次のようなポイントが目安となります。

■個人情報保護方針(プライバシーポリシー)
個人情報保護方針とは、個人情報の管理や保護に関連した、基準や方針について、明文化したもので、これは公式サイトや企業資料からも確認できることが多い内容になっています。ぜひチェックしてください。

■プライバシーマーク制度
プライバシーマーク制度は、個人情報を適切に保護するための体制である事業者に限り、使用が許されている制度になります。運用元の日本情報経済社会推進協会より認定された事業者は、安定した個人情報保護の体制が布かれているとみなされることになるでしょう

■ISMS認証
ISMS認証とは、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を構築することで、あらゆる脅威から適切に情報資産保護ができていると、認証する制度です。プライバシーマークは国内規格ですが、このISMS認証は国際規格であることが明確に違う点でしょう。

外部からの不正アクセス防止の取り組み

プライバシーマーク取得には、以下のような条件が盛り込まれています。

ファイアウォールによるサービスの制限
SQLインジェクション対策
クロスサイトスクリプティング対策
ブルートフォースアタック対策

まず、インターネットを通して勤怠管理サーバーへアクセスする際、途中にあるファイアウォールが、「https」アクセスだけを通過するよう、サービスに制限をかける仕様になっていることが、取得条件の一つとなっています。

SQLインジェクションとは、不正なデータベースの命令を、ウェブサイトに下して攻撃することです。SQLインジェクション対策が執られていると、勤怠管理システムサーバー側アプリケーションで使用しているデータベースアクセスの仕様上、入力した値が直接SQL文になることはありません。

また、クロスサイトスクリプティング対策が執られた勤怠管理システムは、入力値チェックやサニタイズ(無害化)などを行います。ブルートフォースアタックは、総当たり攻撃を意味しており、アカウントのパスワード解読のために、あらゆるパターンを試すことへの対策を執ることも、プライバシーマーク取得の条件になります。

まとめ

勤怠管理システムのセキュリティ対策についての解説は、ここまでとなりますが、導入する上で、どんなセキュリティ機能を備えていることに注目すればいいか、ご理解いただけましたか。

どのような対策が執られているか、細かい部分を見ていくのは大変でしょう。しかし最低限、個人情報保護方針(プライバシーポリシー)、プライバシーマーク制度、ISMS認証などを取得していれば、セキュリティ対策に関しては、おおむねカバーできるはずです。

勤怠管理システムはセキュリティ対策に留まらず、機能が自社に合っているかも重要なので、多角的に見て商品を選んでください。

勤怠管理システム比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名勤労の獅子
(エス・エー・エス株式会社)
ジョブカン勤怠管理king of time
(キングオブタイム)
jinjer勤怠
(ジンジャー)
AKASHI
(アカシ)
おすすめポイント専属SEによる手厚いサポート
が受けられるので、導入から
運用まで心強い!
使いやすさにこだわりあり!
不動の人気を誇る人気の
勤怠管理システム
打刻方法が豊富で、サポート
・セキュリティが強固だから
安心できる
複数のシステムが一つに!
低コストでスッキリ
まとまって楽チン!
シンプル設計なのに機能が
豊富だからどんな企業も
使いやすい
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧