【2020年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しランキング形式でご紹介します!

レコル(RecoRu)中央システム株式会社

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/18

【詳細】

会社名:中央システム株式会社
住所:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー24F
TEL:03-5331-3628
受付時間:平日 10:00~12:00/13:00~17:00

中央システム株式会社が提供する勤怠管理システム「レコル(RecoRu)」。中央システムでは、5年以上クラウド型勤怠管理システムを運用した経験から、導入のしやすさと使いやすさを追求し、このサービスの開発から提供にまで漕ぎ着けました。

どこよりもかんたんにシステムを導入できることを自負しており、さらに月額料金は一人あたり100円とランニングコストはリーズナブル。また、使いやすさと豊富な機能によって、勤怠管理で重要な作業の効率化・管理コスト削減を実現できるよう、構築されたシステムになっています。

今回は、この「レコル(RecoRu)」について、どのような内容になっているのか、チェックしていきましょう。

スマホからチェックできる便利な機能

レコルの機能は、「勤怠管理」をはじめ、次のような機能が利用できます。さまざまなソフトやファイルによるデータ連携ができる「外部サービスとの連携」。有給休暇の付与・残日数などの管理ができる「有休管理機能」「申請承認機能」は、有給・残業・打刻忘れなどの申請などが管理可能で、PC・スマホからチェックできる手軽さがいいですね。

■勤務アラート
「ICカード打刻」では、ICカードに対応したタイムレコーダーを使用してカードをかざし、出勤・退勤・休憩の打刻が可能。また、指紋と静脈に反応するタイムレコーダーによる「生体認証打刻」や、スマホ・PC・タブレットなどのボタンをクリックすることで出勤・退勤・休憩の打刻ができる「ボタン打刻」も用意。ほかには、あらかじめ設定された時間よりも残業時間が超えてしまった場合や、打刻忘れ・遅刻早退などで通知が行く「勤務アラート」も。

■勤務分析
「勤務集計」では、従業員ごとに勤怠データの集計をオートメーション化し、遠隔地の勤怠のリアルタイム集計も実現。また、従業員別の勤務業態ごとに「柔軟な設定」をすることも可能で、勤務時間や休憩時間、カレンダーや締日などの個別設定にも対応。「勤怠分析」では、組織全体や部署別、社員ごとの勤務時間といった、あらゆる条件から分析し、経営者や総務など各役割に必要な情報の提供ができる機能になっています。

シンプルでスムーズな使い心地

レコルは、必要な機能を誰でも使いこなせるようになっており、その使いやすさはマニュアルが不要なほどです。そのため、難しい操作はいらず、従業員に教育コストをかける必要がありません。

誰でも迷わず使えるよう、機能・デザインの「使いやすさ」を追求しており、毎日たくさんの人が「使う」機能なので、どんな人でもかんたんに使いこなせる、シンプルに構成。また、使いやすいからこそ毎日の勤怠チェックや毎月のタイムカード集計作業の効率化にも繋がり、月初の事務負担が大幅カットされるのです。

■導入がスムーズ
なお、無料お試し登録の登録は、1分で完了します。そのうえ、難しい初期設定もいらず、従業員を登録すれば、即利用可能となっています。

勤怠業務の設定変更もすぐできますし、導入は最短で申込即日OKです。導入に際し、タイムカードの使い勝手は変わることがありません。

なお、専用の打刻機を併せて購入し、ICカードで打刻する場合、届いたタイムレコーダーをネットに登録すれば、即利用可能。さらに自前のPC・スマホ・タブレットなどでも、アプリのインストールやブラウザ表示だけで即利用可能になります。

■サポート体制が手厚い
レコルは、電話・メールにて、無料で運用サポートを受けることが可能です。導入前に不安を取り払うべく、導入相談会を随時開催しています。

また、専門のサポート担当者が社内に在籍しており、自社製品であるからこそ、製品のノウハウをスタッフは熟知しているとのこと。そして同時に、きめ細やかなサポートを提供。操作方法だけでなく、各企業に適した使用方法や設定方法などもアドバイスしているため、気軽に相談するよう呼び掛けています。

利用料金をチェック

レコルの勤怠管理システムは、月額100円/1人という、シンプルでコストを抑えた料金設定で提供されています。

初期費用:0円
月額費用:100円(税抜)/1人※最低利用料金3,000円
運用・サポート費用:0円

初期費用がかからず、ランニングコストも少なく済みそうなので、経営がギリギリでも導入しやすそうですね。なお、支払方法は、月末締めで支払書が発行される「銀行振込」、または月末締め翌月16日引き落としになる「口座振替」のいずれかから選ぶ形になっています。

口座振替の場合は、処理量として別途100円負担することになり、利用可能には数ヶ月の期間を要します。それまで銀行振込にて支払いに応じる流れとなります。

まとめ

「レコル(RecoRu)」についての紹介は、以上となります。

レコルの特徴は、シンプルさや低コストで導入できる点にあると言えるでしょう。かつ、勤怠管理において、必要な機能が中途半端にはなっておらず、充実したラインナップなのではないでしょうか。

勤怠管理システム比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名勤労の獅子
(エス・エー・エス株式会社)
ジョブカン勤怠管理king of time
(キングオブタイム)
jinjer勤怠
(ジンジャー)
AKASHI
(アカシ)
おすすめポイント専属SEによる手厚いサポート
が受けられるので、導入から
運用まで心強い!
使いやすさにこだわりあり!
不動の人気を誇る人気の
勤怠管理システム
打刻方法が豊富で、サポート
・セキュリティが強固だから
安心できる
複数のシステムが一つに!
低コストでスッキリ
まとまって楽チン!
シンプル設計なのに機能が
豊富だからどんな企業も
使いやすい
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧