【2020年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しランキング形式でご紹介します!

勤次郎Smartの画像1

おすすめポイント低コストかつ段階的な導入可能!医療・介護業界に強い

勤次郎Smartは、日通システム株式会社が生んだクラウド勤怠管理システムです。「簡単・安心・スマート」の3つをテーマに開発されており、1アカウント200円ですぐに使い始められるのが利点です。

導入企業は5,000社以上を超え、特に医療・介護業界に実績を持っています。90日間無料のお試し期間も設けているので、勤次郎Smartの機能が気になるという方は、公式サイトから申し込めば約3か月間しっかり使って試すことができますよ!

勤次郎Smartの基本機能・仕様について

勤次郎Smartの画像2

料金

勤次郎Smartは初期費用は無料、1アカウントにつき月額費用は200円と非常に安く利用できます。また、勤次郎Smartならメンテナンス費用もかかりません。

対応可能な打刻方法

パソコン・タイムレコーダー(ICカード ※NRL-msのみ)・スマホ/タブレット端末・ICカードリーダー(パソリ)・リコー複合機 など…

主要な機能

・日次実績…打刻漏れなどのエラー、遅刻・早退などのアラームデータについては修正箇所が色で分けて表示されているので分かりやすく、確認しやすくなっています。

・36協定チェック…勤次郎Smartには過重労働防止のための機能がついています。あらかじめ設定した基準時間よりも、勤務時間が超過している従業員は赤色で表示し、超過しそうな従業員は黄色で表示されるため、残業の多い従業員が誰か一目で分かります。

・シフトパターン…10種類のシフトパターンに対応しています。

・帳票・データ出力…勤次郎Smartでは、現場で運用するWEB画面からも出勤簿、日別・月別勤務表、休暇残数管理表、年間勤務表の帳票・データ出力が可能。帳票やデータをスピーディーに把握・管理し、より正確な意思決定のサポート・生産性の向上を図ることができます。

医療・介護業界に強い!ステップアップ導入も可能

勤次郎Smartの画像3

なぜ勤次郎Smartは医療・介護業界に強いのか

勤次郎Smartはさまざまな業種・勤務体系に対応できるシステムですが、医療・介護業界には特に強みがあると言われています。

例えば、勤次郎Smartは病院の運営において最も大切な書類と言われる「様式9」を自動作成できます。

様式9とは看護師数や勤務時間数などのデータを記載する用紙のことです。病院で請求される「入院基本料」は様式9に記載された数字で金額(点数)が決まるのですが、実は数字を記載するかしないかには細かなルールがあり、正確に記載するために時間がかかります。

しかし勤次郎Smartなら、ルールの多い様式9も自動作成してくれるため、手作業時よりチェックの時間を大幅に削減することが可能です。

さらに、常勤換算表用のデータも自動作成。転記・入力ミスの防止、作業工数の削減にも貢献します。

ステップアップ導入で柔軟な対応

実は日通システムは、勤次郎シリーズとして勤次郎Smart以外に「勤次郎Enterprise」・「勤次郎Lite」も発売しています。現在商品展開されている中で、勤次郎Smartは導入のしやすさにおいては秀でていますが、機能の数では劣る部分があります。

そのため、スタッフの増員や事業の拡大時に対応できない部分があるかもしれません。そんなときにおすすめなのが「勤次郎Enterprise」・「勤次郎Lite」というわけです!

4万6,000種類ものシフトパターンに対応しているうえ、フレックス計算や休暇の管理まで完璧にこなします。月額費用も、勤次郎Smartの月額200円/アカウントから100~200円程度アップするだけ!

データの引き継ぎが簡単なので、事業の拡大・成長に合わせて段階を踏みながらスムーズにステップアップ導入が可能です。

導入・運用サポートもあるから安心

勤次郎Smartの画像4

勤次郎Smartはサポート体制がしっかり整っているので、初めての導入でも安心です。導入時だけではなく、運用中にもなにか困ったことがあればサポートをしてもらえます。

導入サポート

現状のヒアリングからパソコンのシステムセットアップ、操作方法の説明、テスト、本番稼働まで、各工程ごとに起こる不安や悩みを丁寧に一つ一つ解消しながら導入作業をおこなうので、システムを稼働するころには不安なく導入できているはずです。

※導入の目安は打ち合わせから3か月ほどです。

導入サポートの作業には、経験豊富な専門スタッフが対応するため、スムーズに進みます。企業ごとに異なる勤務体系も柔軟に対応してもらえるので安心です。

運用サポート

操作方法などに関する問い合わせは、電話・FAX・Eメールで問い合わせを受け付けています。使っていてわからなくなったときは、サポートサービスを利用してみましょう!

・ソフト面…ソフトウェアの操作方法に関する問い合わせ、操作マニュアル・プログラム媒体破損時の無償提供、バージョンアップ版を特別価格で提供など

・ハード面…ハードウェアの操作方法に関する問い合わせ、就業情報端末の訪問・持込修理対応、部品・消耗品の交換作業など

「健康経営」の実現を支援

勤次郎Smartの画像5

働き方改革サポートとして日通システムが提案しているのが「ヘルスケアソリューション」です。生産性を向上し、離職率の低下を目指すことを目的としています。

「従業員のモチベーションが低い…」、「せっかく新人が入社してもすぐにやめてしまう」というようにな悩みを抱える事業者さまも多数いらっしゃるでしょう。しかしこれらの悩みには、従業員の健康が大きく関わっている可能性が高いと言われています。

実際、厚生労働省のコラボヘルスガイドラインには、「従業員の健康悪化はパフォーマンスの低下・病欠などのコスト増加の原因につながる」との記述があり、健康関連での損失額は企業が負担する保険料の約5倍にもなるとしています。

そこで日通システムは、勤怠管理システムの勤次郎と健康管理システムのヘルス×ライフの2つを併用する方法をヘルスケアソリューションとして提案しています。勤次郎を活用することで残業時間や有給休暇取得状況を可視化し、問題点を洗い出すことが簡単にできます。

勤次郎シリーズはただ勤怠状況を管理するだけではなく、労働環境の改善にも役に立つと考えられるでしょう。

勤次郎Smartの画像

勤次郎Smart

低コストかつ段階的な導入可能!医療・介護業界に強い

公式サイトで詳細を見る

まずは資料請求してみよう

勤次郎Smartは初期費用無料、月額費用はたった200円と、かなり良心的な価格でシステムを提供しています。さまざまな業種に対応できますが、医療・介護業界ならではのデータ集計も得意としているため、現場で役に立つこと間違いなしです。サポートも充実しているので安心感があります。

また、今回は「勤次郎Smart」をメインにご紹介していますが、日通システムでは就業ソリューションとして「Enterprise」や「Lite」といった製品も展開しています。より機能の充実した日通システムの製品を利用したいのであれば、EnterpriseとLiteの機能や価格などについても比較してみると良いでしょう。

まずは資料請求から始めてみてください!

サイト内検索
記事一覧