【2020年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しランキング形式でご紹介します!

king of time(キングオブタイム)の画像1

おすすめポイントサポート・セキュリティが強固だから安心できる

king of time(キングオブタイム)は、株式会社ヒューマンテクノロジーズが開発・提供している勤怠管理システムです。

システムは英語・海外に対応しているので、従業員が外国人であったり、海外に支社を持つ企業も楽に勤怠管理できます。また、多彩な打刻方法を持ち、さまざまな業種・勤務形態に対応できるようになっています。

外国人、パソコンが苦手な方、老若男女を問わず簡単に扱えて、管理者も従業員もストレスフリーな運用が可能です。

king of time(キングオブタイム)の画像

king of time(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

サポート・セキュリティが強固だから安心できる

公式サイトで詳細を見る

king of timeの基本機能・仕様について

キングオブタイムの画像2

料金

キングオブタイムは、導入する拠点数の分の打刻機器代のみ、初期費用としてかかります。1人あたり300円で利用でき、月額費用は毎月の打刻人数×300円と分かりやすい料金体系となっています。

もし、「もっと具体的な費用を知りたいな」という場合は公式サイト内のお見積りシミュレーションがおすすめです。使い方は簡単で、必要事項をいくつか入力するだけ!

これを使えば、わざわざ問い合わせをしなくてもすぐに必要な費用が分かりますよ。

対応可能な打刻方法

キングオブタイムが対応している打刻方法には、無料のものと有料のものがあります。

【無料】

パソコン(パスワード、各自パソコン)・モバイル(携帯電話、スマホ/GPS)

【有料】

パソコン(Windowsログオン/オフ)・ICカード(RC-S380、RC-S380/S、PitTouch Pro2、入退室管理システム)・指紋リーダー・指静脈リーダー・指ハイブリッドリーダー・指ハイブリッド+ICカードリーダー・カメレオンコード・顔認証・WowTalk・LINE WORKS

主要な機能

キングオブタイムには主に12種類の機能が搭載されています。ここではその機能の一部をご紹介します。

・働き方改革関連設定…時間外労働の上限規制、有給休暇5日以上取得義務など2019年4月に施行された「働き方改革関連法」に則った勤怠管理ができます。

・英語・海外対応…キングオブタイムは日本語と英語に対応しています。もちろん時差対応もしており、事業所ごとにタイムゾーンの設定も可能です。

外国人従業員を多く雇う店舗や海外に支社を持つ企業にとって、このような機能は非常に助かりますよね!

・帳票出力…打刻時間、時間計算結果、人件費などのデータをCSV形式・PDF形式で出力でき、帳票もExcelで出力可能です。

・給与計算ソフトとも連携可能…給与奉行、弥生給与、PCA給与、給料王など給与計算ソフトと連携することで、勤怠情報の管理から給与データの計算もスムーズに進みます。

king of time(キングオブタイム)の画像

king of time(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

サポート・セキュリティが強固だから安心できる

公式サイトで詳細を見る

完璧な運営体制!だから安心

キングオブタイムの画像3

ヒューマンテクノロジーズは、24時間365日の稼動を要求される勤怠管理システムの安定運営のため、データベースシステムの二重化、エラーログ監視、エマージェンシーコールなどの体制をつくっています。

さらに他社であれば追加見積もり・費用が必要になるようなサポートも、キングオブタイムなら標準サポートになっているものが多く、無償で手厚く保証してくれます。

セキュリティ

キングオブタイムは外部からの不正アクセスにもしっかりと対策を取っています。キングオブタイムはASP(Application Service Provider)経由でサービスを提供していますし、SQLインジェクション対策、クロスサイトスクリプティング対策など然るべき対策も普段から実行されているので安心です。

さらに、機器を2重化したり、データセンター北海道と東京の2か所にデータセンターを構えることで、災害などでメインセンターとサブセンターの切り替え運用ができるような仕組みになっています。十分な耐震設備と非常電源設備、監視カメラ、生体認証による入退室システムの揃ったデータセンターに保管されているので、もし地震などが起こってもデータの破損・紛失の心配はありません!

サポート

打ち合わせ、カスタマイズ、仕様変更、導入期間の延長は標準サポートとなっています。インターフェースの検討と開発、初期データの移行作業は、一部有償となっているので注意が必要です。

保守・メンテナンス

問い合わせはもちろん、カスタマイズ(追加機能の開発)や仕様の変更、法制度変更対応もサポートセンターが対応し、自動&無償でバージョンアップにも対応しています。

キングオブタイムの保守・メンテナンスメニューの中では、システムに関する研修・教育のみ追加見積もりが必要なので、システムの導入とともに従業員への教育も依頼しようとお考えの事業者さまはよく確認をしておくことをおすすめします。

バージョンアップ・カスタマイズでより便利に!

キングオブタイムの画像4

従来クラウド型は、サービスを個別にカスタマイズして提供することが難しいと言われており、どうしてもサービスが画一的になりがちでした。しかしキングオブタイムでは、個別有償カスタマイズに対応することで、自社にぴったりなサービスを提供しています。

社内の人事システムや店舗管理システム、基幹システムとの連携など「さらに自社専用のシステムとしてこんな機能を開発してほしい」などの要望があれば、「個別有償カスタマイズ」にも対応しています。実績も豊富なので安心して任せられるでしょう。

クラウド型のサービスだからこそ、実際に使用して評価したうえで、具体的な打ち合わせが可能。一般的なシステムのように、「何度も打ち合わせをしたのに要望が通っていない!」などという心配もありません。

また、キングオブタイムは法改正やユーザーの要望を反映した「定期バージョンアップ」をおこなっています。このバージョンアップはもちろん無償で、追加費用は一切かからないようになっているので常に最新の状態のキングオブタイムを利用できます。

まずは動画をチェックしてみて!

従来クラウド型は、サービスを個別にカスタマイズして提供することが難しいと言われており、どうしてもサービスが画一的になりがちでした。しかしムでキングオブタイは、個別有償カスタマイズに対応することで、自社にぴったりなサービスを提供しています。

社内の人事システムや店舗管理システム、基幹システムとの連携など「さらに自社専用のシステムとしてこんな機能を開発してほしい」などの要望があれば、「個別有償カスタマイズ」にも対応しています。実績も豊富なので安心して任せられるでしょう。

クラウド型のサービスだからこそ、実際に使用して評価したうえで、具体的な打ち合わせが可能。一般的なシステムのように、「何度も打ち合わせをしたのに要望が通っていない!」などという心配もありません。

また、キングオブタイムは法改正やユーザーの要望を反映した「定期バージョンアップ」をおこなっています。このバージョンアップはもちろん無償で、追加費用は一切かからないようになっているので常に最新の状態のキングオブタイムを利用できます。

king of time(キングオブタイム)の画像

king of time(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

サポート・セキュリティが強固だから安心できる

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧