【2020年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しランキング形式でご紹介します!

働き方改革はエクセルでは限界!勤怠管理システムを導入しよう

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/06/25

従業員の勤怠管理をタイムカードやエクセルで行っている企業は、まだまだ多く存在しています。しかし、この方法では甚大な業務負担がかかるため、働き方改革のような法改正に対応しきれないのがネックでした。今回は、タイムカードやエクセルによる勤怠管理の悩みの種を、勤怠管理システムが効率化させる理由について解説したいと思います。

働き方改革による労働基準法の改正

2019年4月には労働基準法が改正され、働き方改革関連法案が施行されたことは、どの企業にも知れ渡っていることでしょう。そのため、ますます勤怠管理を真剣に考えなければならなくなり、リスク対策として管理方法を根底から見直す必要が出てきました。

勤怠管理は元々、労働基準法や就業規則に準じて、正確に就業時間を計算し、狂いのない金額の給与が支払われていることを管理することが目的とされています。

しかし現代では、就業形態が多様化の一途をたどり、正確な労働時間の管理において、従業員別の労働条件を尊守した管理を遂行しなければなりません。それ以外にも、法改正で残業に上限規制が課せられたことを踏まえると、今後の勤怠管理は、より複雑で、さらに正確な管理が求められる業務となることは、ほぼ確実でしょう。

勤怠管理システムの導入で効率化が計れる理由とは?

働き方改革によって、勤怠管理が重要になっていることは理解できたかと思います。どうにもならなそうな問題のようにも思えますが、この課題は勤怠管理システムによって免れるはずですので、その理由をチェックしましょう。

■従来の勤怠管理のリスク
エクセルやタイムカードを使用した勤怠管理には、正確な勤怠データが揃わなかったり、それによって労働基準法に抵触する懸念は無視できません。不正打刻も生じやすく、データ改ざんが生じる懸念もあることで、解雇、あるいは企業側の管理に問題があったなどの泥沼化に発展するケースが起こっている現状もあります。

ですが、これらのリスクは勤怠管理の方法をシステム化して改めることによって、回避可能になるので、次に、その理由を述べていきたいと思います。

■打刻
勤怠管理システムのもっとも基本的なメリットは、かんたん、かつ正確なデータ管理が特徴的な「打刻」にあります。近年だと、ICカードやスマホ、タブレット、指紋認証といった打刻手段も増え、さまざまなニーズに応えられるようになりました。社外にいる、直行直帰や出張のような状況でも、手元の端末から打刻できるほか、交通系ICカードのような個人情報が登録されているツールを用いれば、不正打刻対策としても活躍します。

2020年4月時点では、テレワーク業務に切り替わった企業も多いかと思われますが、このような特殊な雇用形態にも、勤怠管理システムは臨機応変に対応できるので、非常に頼もしく思えるでしょう。

■勤怠関連の申請
勤怠管理システムを導入することで、従業員が申請し、上司のチェックに至るまでの過程がスピーディーに完了します。残業や休日出勤の申請には、申請フローにおけるタイムロスの問題がネックとなりがちでしょう。

しかし勤怠管理システムなら、手続きをシステム上で簡潔に行うことが可能に。上長の承認や進捗状況のチェック、そして申請内容のデータ反映までがスムーズになります。また、ペーパーレスになるため、コストダウンにもなり、書類管理もせずに済みます。そのうえクラウド型なら、社外からでもネット接続できれば、手続き・承認が可能でしょう。

エクセルにはない快適さとは?

エクセルでの管理では限界があることは、もう皆さんきっとお分かりだと思います。具体的にどのように快適に管理できるかポイントをご紹介します。

■集計作業
勤怠管理システムの導入によって、わずらわしい集計作業の、大幅な時間短縮効果が見込めます。勤怠管理システムでは、オートメーションによって打刻データを収集し、集計がシンプルになります。タイムカードやエクセルによる集計業務は地道な手作業でしたが、それが自動化され、大幅に時間と手間の削減を実現できるようになるので、圧倒的に楽になるでしょう。

勤務形態は企業によって異なりますが、そのような事態にも対応できる勤怠管理システムは次々と登場しています。フレックスタイム制などの法改正があるたびに、都度対応できる仕組みにもなっています。

■給与計算との連携
勤怠管理システムは、給与計算ソフトとシステム上で連携できます。集計されたデータは、後で給与計算に活用することも可能です。勤怠管理システムの多くは、指定の給与計算ソフトとデータ連携ができるため、同じベンダーの給与計算ソフトを利用していれば、集計データをスライド活用することで、計算もできるでしょう。

ちなみに同じベンダーの給与計算ソフトに限らずとも、APIやCSVによって連携することも可能です。それでも連携可能なソフトは、あらかじめチェックしてください。

■残業管理
勤怠管理システムは、残業状況がリアルタイムにわかるため、残業の管理が容易になります。勤怠管理システムは大抵、打刻漏れや残業超過に備えたアラート機能が搭載されており、残業超過の懸念がある従業員に対し、早めに通知して対応できるよう、措置を取れます。

また、アラート通知が何らかの気付きにもなり、従業員の残業への意識改革に効果を発揮することにも繋がるでしょう。

まとめ

今回は、従来の勤怠管理が、勤怠管理システムによってどう変わるのかについて解説して参りましたが、いかがでしたか?

勤怠管理システムは、単純に仕事が楽になるだけでなく、働き方改革への対応もしているため、職場のホワイト化にも効果を発揮します。効率が悪い業務を延々と続けるのは、モチベーションの低下にも繋がりますから、早め早めの導入を検討をおすすめします。

勤怠管理システム比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名勤労の獅子
(エス・エー・エス株式会社)
ジョブカン勤怠管理king of time
(キングオブタイム)
jinjer勤怠
(ジンジャー)
AKASHI
(アカシ)
おすすめポイント専属SEによる手厚いサポート
が受けられるので、導入から
運用まで心強い!
使いやすさにこだわりあり!
不動の人気を誇る人気の
勤怠管理システム
打刻方法が豊富で、サポート
・セキュリティが強固だから
安心できる
複数のシステムが一つに!
低コストでスッキリ
まとまって楽チン!
シンプル設計なのに機能が
豊富だからどんな企業も
使いやすい
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧