【2020年最新!】人気の高いクラウド型勤怠管理システムを厳選!機能・価格・サポート対応を徹底比較しランキング形式でご紹介します!

バイバイタイムカード 株式会社ネオレックスの口コミや評判

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/18

【詳細】

会社名:株式会社ネオレックス
住所:名古屋市熱田区伝馬1-4-25 ネオレックスビル
TEL:0120-200-681
受付時間:[平日] 9:00~18:00

株式会社ネオレックスが提供する「バイバイタイムカード」は、タイムカードに代わる勤怠管理システム。QRコードやICカード・指静脈などをピッと瞬時に読み取り、出勤・退勤を打刻して管理して、給与計算に必要な集計を自動計算します。今回は、このバイバイタイムカードについて、解説します。

3つのシステム体制

売買タイムカードの魅力は、スピーディーに完結に行えることだと思います。その3つの体制をまずはご紹介します。

■ピッタリ:打刻方法いろいろ&フレキシブルなシステム
バイバイタイムカードは、快適な「iPad + QRコード」や、カードコストの発生しないQRコード打刻など、非常に珍しいタイプの打刻方法と、カスタマイズもできる集計の柔軟性によって、あらゆるユーザーに「ピッタリ」な勤怠管理を提供

■シッカリ:責任を持って安定稼動できるまで推進
ネオレックスの経験豊富なコンサルティングチームが、バイバイタイムカードの導入プロジェクトをリード。「サポート」という形ではなく、「主体性を持って」従事。失敗は許されないという前提の元、勤怠管理システム導入プロジェクトを「シッカリ」推進しています。

■サクサク:平均レスポンスタイム0.02秒
勤怠管理は締日近辺になると、アクセス集中しやすく、そこで動作速度に問題が生じるシステムも少なくありません。バイバイタイムカードでは、それらを高い技術で克服し、「サクサク」品質を実現しています。

使いやすい機能を搭載

バイバイタイムカードでは、スマホ、iPad、PC、バーコード、QRコード、ICカード、指静脈といった、多種多様な方法によって、タイムレコーダー機能を利用できます。また、打刻関連機能においては、さまざまな機能が揃っており、たとえば打刻カードをiPadにかざすことによって、打刻者が申請画面にログイン可能になっています。PCのない現場だと、iPadを利用した手書きサイン機能によって、勤務実績の承認を行えますのでスムーズです。

■管理システム機能
バイバイタイムカードの各種機能の一部を、基本機能からオプション機能に至るまで、画面サンプルと併せて用意。シフト管理がエクセル連動できるほか、英語モードによる管理など、ネオレックス独自の機能が体験できるでしょう。たとえば社食管理や、打刻漏れ・データ登録の間違い発見・修正、給与計算向けデータの出力、曜日・休日管理など、企業のあらゆる要素をシステム管理できます。

■実際使って楽しめる「神楽坂ショールーム」
バイバイタイムカードの多様な打刻方法、そして操作感がいかに快適かを実際に体験
できるショールームが、神楽坂に用意されています。ここでは、専任スタッフが勤怠管理機能の紹介や、導入に関する相談に対応。また、バイバイタイムカードの管理画面を60インチのディスプレイにて確認できるようになっています。テレビ会議システムを通して、名古屋本社との詳細な技術ミーティングも可能。来店の際は、完全予約制となっているので、ご注意を。

見積もり例をご紹介

1ホテルあたり70人体制×20(およそ1,400人)で営業しているホテルの場合、バイバイタイムカード導入にあたり、初期費用として860万円、月額料金は41万9千円のコストがかかっています。月額料金の内訳は、1人:299円、1ホテル:2万950円の計算。打刻端末には「FeliCa」を利用し、「時刻指定型シフト」によって、始業・就業時間を自由に指定可能に。

また、予定と実績の差異を詳細にチェックできる「予実対比型バーグラフ」および、「予実対比型リアルタイム人件費なども導入。そのほか、「有休・代休・振休 付与・残数管理」を利用し、有休・代休などの付与や、残数の管理もオートメーション化しています。

60の物流センターを運営している運輸・倉庫業では、ドライバー、庫内における、社員・アルバイトの勤怠管理を、バイバイタイムカードによってシステム化しています。打刻管理には、「指静脈認証」を利用。こちらも同じく「時刻指定型シフト」「予実対比型バーグラフ」「有休・代休・振休 付与・残数管理」を導入。

1拠点あたり40人体制で60拠点持ち、従業員の総数が2,400人とすると、初期費用は1,653万円、月額料金は、58万6千円という計算に。月額料金は1人:244円、1拠点:9,766円となります。

まとめ

バイバイタイムカードについての解説は、以上となります。クラウド勤怠管理においては、5年連続シェアNo.1という実績を持っており、あらゆる業態にも対応できる打刻方法や管理システム機能が、その実績に表れているのかもしれませんね。

参考になりましたら、幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧